各県ごと、いろんな日本一がここで分かる!

日本でいちばん.com

群馬

群馬の日本一は?有名な世界遺産に関連するアレからまさかのソレまで!

投稿日:

近年、知名度ランキングや魅力度ランキングで微妙な順位で逆の意味でクローズアップされがちですが、「心にググッと群馬県」という県のキャッチフレーズの通り、実は群馬県には古くから伝わり心癒される日本一が数多くあります。

ここでは群馬県の様々な日本一から隠れた魅力を探っていきたいと思います。

 

農産物日本一

コンニャクイモの生産量日本一!

生産量が56500トン、驚異の全国の92%のシェア。
ちなみに2位の栃木県は1790トン文句なしのぶっちぎり日本一です。

うどの生産量日本一!

生産量が933トン、全国の31%のシェアです。

モロヘイヤの生産量日本一!

生産量が441トン、全国の28.14%のシェアです。

 

シルクの里の日本一

群馬県といえばやっぱり「絹」ですね。
群馬県の養蚕の歴史は古く、記録に残っているだけでも奈良時代から行われていました。

正倉院には西暦752年に群馬県から朝廷に献納されたあしぎぬと呼ばれる絹織物の一種が今でも保存されています。
江戸時代の中期頃からは養蚕がさらに盛んになり、明治5年には富岡市に富岡製糸場が日本初の本格的な官製器械製糸工場として設立されました。
富岡製糸場は2014年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成遺産として世界遺産に登録されたことで有名ですね。
それでは、絹にまつわる群馬県の日本一です。

養蚕農家数が日本一

全国に養蚕農家が368軒ありましたが、そのうち133 戸(37.2%)が群馬県にありました(平成27年)

繭の収穫量が日本一

47.5トンで全国シェアの31.5%、2位の福島県は21.2トンと群馬は2倍以上の収穫とぶっちぎりの日本一。

そして繭から作られる
生糸の生産量も16,320kgと全国シェアの61.0%を占めています。

 

温泉の東の大関

もう一つの群馬県の観光スポットといえば、温泉です。
群馬県は「関東一の温泉大国」と呼ばれ、草津温泉をはじめとして伊香保温泉、四万温泉、万座温泉など皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう温泉が数多くあります。
群馬県内の温泉の数は180以上、宿泊できる温泉宿は100以上にのぼります。
中でも草津温泉と万座温泉にある日本一をご紹介したいと思います。

自噴湧出量日本一

「日本三大名泉」に数えられる草津温泉ですが、自噴湧出量が毎分32,300リットル以上で日本一となっています。

自噴湧出量とはポンプ等を使わずに湧き出てくる自噴量、掘削した量、ポンプなどで汲み上げている量は含めない量です。
天然で湧き出るお湯が多い!ということですね。
また、草津温泉は観光経済新聞社主催の「にっぽんの温泉100選」で2003年度から10年連続の1位となっています。その他の温泉ランキングでも常に上位にランクインしている常連です。

標高日本一の万座温泉

万座温泉は標高1800mにあり、通年営業の温泉街としては岐阜県の濁河温泉とともに日本一となっています。
また、万座温泉は硫黄成分の含有量でも日本一です
硫黄成分を多く含む硫黄泉は高血圧や動脈硬化に効果があるといわれていますので、気になる方はぜひ足を運んでみて下さいね。

 

日本一の車社会

群馬県は日本一の車社会ともいわれ、自動車にまつわる日本一が数多くあります。
なんと眼鏡のドライブスルーが世界で初めて群馬県にできたほどです。

自動車保有数が日本一

人口100人当たりの自動車保有数が68.39台と日本一です。

運転免許の保有者数が日本一

20歳以上の免許の保有率が85.83%と日本一です。

その中で
65歳以上の免許保有率:62.7%
女性の免許保有率:76.1%
となっています。

そして逆に

バス通勤・通学率が日本一低い

一番高い神奈川県が17.2%に対し群馬県は1.04%と圧倒的に少ないです。

これらのデータから群馬県は山の多い土地で公共交通機関があまり充実しておらず、自動車通勤が多いということが伺えます。

私設の博物館としては日本一の来館者数

そんな車に関する観光スポットとしては、伊香保温泉近郊にある「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」。

この博物館には毎年40万人以上が来館者数で私設の博物館では日本一!
内容はというとスポーツカーから軽自動車までファンにはたまらないクラシックカーが多数展示しています。
また、昔懐かしいおもちゃを展示したおもちゃの博物館も併設していますので、家族で楽しむことができるんです。

他にはこんな日本一

だるまの生産量日本一

群馬といえば『高崎だるま』が有名です。

だるまの生産個数が毎年約90万個(公称値で実際は・・・との声も)とも年間160万個とも言われる群馬県。

正確な数は定かではないものの、日本一である事は間違いない!というのが地元のみならず、他の生産地でもいわれています。

 

まとめ

 

いかがでしたか、印象が薄いとみられがちな群馬県ですが数多くの日本一があります。

その中でも土地にまつわる免許と通勤・通学に関する日本一は『なるほど』という感じでした。

温泉旅行がてらそのあたりを確かめにいってみたいものです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-群馬

Copyright© 日本でいちばん.com , 2019 AllRights Reserved.