各県ごと、いろんな日本一がここで分かる!

日本でいちばん.com

石川

”加賀百万石”石川県はモノづくりの街、日本一!!!

投稿日:

大河ドラマ『利家とまつ』NHK連続ドラマ小説『まれ』の舞台であり、2015年には北陸新幹線が開通してより“近くなった”石川県。

でもその魅力は歴史ある街並みだけではありません。石川県の日本一をお伝えします。

石川県の産業

天然ふぐの漁獲量日本一

能登半島沿岸で取れる「能登ふぐ」が有名です!

平成26年の漁獲量は2位の北海道366tを大きく引き離す717t!次いで3位は福岡県の336tで、下関を擁する山口県は4位。

山口・下関のイメージが強いフグですが、意外なことに漁獲量日本一は石川県、ここで獲れたものが大阪や下関に出荷されているんですよ。

下関が日本一であるのは「フグの取扱量」なのだそうです。

余談ですが下関では、「フグ」ではなく、福にかけて「フク」と呼ばれます!

 

加賀百万石前田家のお膝元!!

金箔生産量日本一

いきなりゴージャスですが、石川県は金箔の生産量日本一。日本金箔総生産量の99%を石川県金沢市が占めています。金箔といえば、というイメージですよね。

 

江戸時代、箔打ち(金箔の製造技術)は幕府の独占だったにも関わらず、加賀藩は密造を続け(!)なんと最終的には幕府から免許を獲得したのだとか。

 

そうやって密かに守られてきた箔打ちですが、お料理やスイーツに上品にのせられた姿を見る機会はあるかと思います。ではおよそ10㎝四方もの金箔がペタッとはりつけられたソフトクリームは?金沢市内にあるそうです(笑)食べるのがもったいないような…

日本一の漆芸

日本一の金箔も使われている輪島塗漆器。

輪島塗の技術は江戸時代に確立され、現在まで受け継がれる伝統工芸です。
輪島塗漆器は、地の粉と呼ばれる輪島でしか採れない土が使われていること。

そして木地の破損しやすい部分に、布着せと呼ばれる麻布を貼り付ける作業が行われること。の、2つの特徴があります。

 

旅館日本一

石川県へ訪れた際には是非泊まりたい!
“プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選”で30年以上総合一位獲得の「加賀屋」さんは明治39年創業で、能登半島の七尾湾に面した和倉温泉に位置します。

 

能登空港からは車で約50分、北陸新幹線から特急に乗り換え約1時間とアクセスが良いとは言えませんが、客室稼働率は80%!
全国の旅館の平均が48%ということなので、驚異の稼働率ですね。

そしてこちらの加賀屋さんでも先ほどの「能登ふぐ」が出されているかもしれませんね。

へぇ、なるほど!な日本一

おでん屋さんの軒数日本一

人気の旅館で美しい漆器に盛られたごちそうもいいですが、“金沢おでん”も人気です。
石川県は人口100万人当たりのおでん屋の軒数が4.4軒(全国平均0.5軒)で、日本一です。

 

金沢おでんに明確な定義はないようですが、一般に塩ベースのおでんで「バイ貝」「車麩」「筍」「赤巻」「里芋」「ふかし」「かに面」「肉いなり」と、独特のネタが特徴です。

名前を聞いただけでは想像もつかないネタもいくつかありますね。
でもおでんに「かに」って…結局豪華になっちゃいますね(笑)

 

カレー屋の店舗数日本一

人口あたりのカレー屋さんの店舗数が10万人あたり9.29軒と日本一!
そんな『金沢カレー』の特徴といえば濃厚でどろっとしたルーと千切りキャベツが特徴です。

 

『金沢カレー』と言われる様になったのは2000年以降と実はそんなに古くないんですよ。

 

アイスクリーム・シャーベット、チョコレート購入額日本一

 

アイスクリーム・シャーベットの二人以上世帯の購入額が9,431円と日本一です。
そしてチョコレートの二人以上世帯の購入額が7,838円とこれまた日本一。

理由は分かりませんが、”甘いもの好き”なのは間違いなさそうですね!

 

日本一長いベンチ

ギネスブックにも掲載された全長460.9mの日本一、どころか世界一長いベンチがあります。

 

石川県能登地方増穂海岸の「サンセットヒルイン増穂」と呼ばれる夕日の名所にあるこのベンチは、830人ものボランティアの手で作られたそうです。

ちなみに2人掛けのベンチだと約1.2m、3人掛けのベンチで約1.8mということなので、このベンチは460.9÷0.6で…768人掛け、のようです(笑)

降水日数日本一


夕日を見に行くなら、特に気になる空模様。

 

『弁当忘れても傘忘れるな』

 

 という合言葉まである石川県。

 

降水日数は年間165日にもなるそうです。
(降水日数とは一日当たりの降水量が1ミリメートル以上であった日のことです)

加賀美人”という言葉があるように、美人が多いことでも有名ですね!?
それは雨や雪の日が多く、湿気がお肌を守ってくれるから。

雨や雪のおかげで色白できめ細やかなお肌の加賀美人がつくられるとも言われるそうですよ。

 

 

まとめ

いかがでしたか?石川県の日本一。

 

歴史を感じ、優雅な気分に浸りたいときに訪れたい観光地ですね。
夕日を見に出かけた海岸で加賀美人とのロマンチックな出会いがあるかも…
あ、お出かけの際には、傘をお忘れなく!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-石川

Copyright© 日本でいちばん.com , 2018 AllRights Reserved.